表現を広げれば
写真がもっと面白くなる!

PHOTO
EXPRESSION COURSE

みんなの写真塾
写真表現コース
2021年9月1日からの
1年コース
3期生募集開始!

募集を締め切りました
次回募集は2022年7月頃

こんな感想をいただいてます↓↓

 
 
 
 

パソコンやスマホがあればいつでも、どこででも視聴できます。12の講義を通して 、あなたのセンスと表現を磨いていってください。

毎月のオンラインミーティングで、あなたの撮った写真に、講師の大野朋美から直接アドバイスがもらえます。 学んだことが合っているのか確認できますし、 自分の写真は他人にどうみられているのかを客観的に知ることができます。ダメ出しでなく前向きなアドバイスで、今後の方向性も見えてくるでしょう。

マンツーマンで、その場で教えられているような臨場感あふれる講義映像。内容はもちろん、ここでしか身につかない写真表現法を数々お届けします。きっとエキサイティングで、写真がもっと面白くなる1年になるでしょう

 カメラの操作や基本的な知識はすでに身につけている方
 
 上級の腕を目指してセンスと表現力を磨いていきたい方
 
 「私の写真」を追求していきたいとお考えの方
 

<プロフィール >

カメラマン歴15年。商業カメラマンとして、商品、人物、建築など、様々な分野の撮影を行う。多方面から「写真を教えてほしい」という要望をいただき、2012年に第1回『おさんぽフォト』を開催。2013年に商品撮影講座を開催。そこから写真講師としての活動を開始。初心者に向けたカメラ講座から、上場企業や学校へ向けた撮影研修まで幅広く行い、分かりやすい説明と親しみやすい人柄に定評がある。
 
《主な実績》
2014年 リコーイメージングスクエア銀座にて『ギンザスナップス』講師。
2016年〜 東京都農林水産振興財団チャレンジ農業支援センター登録専門家(撮影指導)
2017年 スターバックスコーヒーにてフォトセミナー講師
2019年 CP+2019フォトスクール講師

 
《主宰・運営媒体》
*Facebookページ『写真散歩』
*大野朋美のYoutubeチャンネル
*Podcast『旅とカメラと・・・ここでないどこかへ』
*おさんぽフォトクラブ
*みんなの写真塾

 表現の引き出しを増やす

 
「長く写真をやっているが、最近なんだか行き詰まっている」
 
「写真はそこそこ上手い方だと思うけど、マンネリを感じている」
 
「今の写真から、どうレベルアップしていけばいいか分からない」
 
・・・そんな風に感じている方は、意外に少なくないようです。
 
けれど写真教室の多くが初心者向けだったり、ある分野に特化していて、あるていど撮れるという人に向けた教室は少ないのが現状ではないしょうか。
 
このくらいのレベルになってくると、本当のところ、数回教室に通っただけで、レベルアップできるというものではありません。
 
できれば写真家の先生に着いて、じっくり時間をかけて学べればいいのでしょうけれど、なかなかそんな機会もないでしょう。だからといって専門学校に入るのも、ちょっと違う。
 
既にあるていど“撮れる方”が、さらにレベルアップできる教室を作れないかと考えて出来たのが、この「写真表現コース」です。
 
カリキュラムをご覧いただければ分かりますが、このコースでは、被写体別でなく、「伝わってくる印象」や「雰囲気」にフォーカスしたテーマ設定になっています。
 
こういったことをテーマに据えて取り組むことによって、表現の幅を広げていっていただきます。
 
たとえば“
「臨場感」とか「静寂感」を表現した写真を撮ろうとしてみたことはありますか?
 
そういった雰囲気に撮るようにと言われたら、どうすればいいのかアイディアが思いつくでしょうか?
 
 
さて、プロカメラマンなら、対象を上手く写すことは当然です。
 
でも優秀なカメラマンは、表現の引き出しが多いのです。
 
何かを写す場合に「どう撮るのか」のアイディア、表現の引き出しが多いのです。
 
ひとつの被写体に対して、こう撮ろうかな、それともあのように撮ろうかなと、幾つもアイディアが思い浮かぶのです。
 
あなたもそんなところを目指してみませんか?
 
表現の幅を広げることができれば、作品にさらに磨きがかけられます。
 
実際このコースで学ばれていた方は、すでにカメラマンとして仕事をされていた方や、講師の資格を持たれていた方、コンテストに何度も入選されていた方たちです。
 
写真表現コースで、様々な表現を学び、じっくり写真に向き合い、センスを磨いていってください。
 
このコースに入れば、私と直接対話できますので、その中で全力でアドバイス、サポートいたします。
 
あなたのご入会をお待ちしています。
 
みんなの写真塾 講師 大野朋美

<講師作品>


 
  1. ハイキー・ローキー写真
  2. 写真のテーマを考える
  3. ノスタルジックな写真とは
  4. 臨場感の写真表現
  5. ファンタジックな夜景撮影
  6. ドラマチックな写真とは
  7. 静物写真で質感を表す方法
  8. 空気感を伝える写真とは
  9. 躍動感を感る写真とは
  10. 静けさを感じる写真とは
  11. クールな街撮り撮影
  12. デジタルカメラの仕組み解説

 

講義サンプル

毎月の講義は3本です。上のサンプルはPart1で、講義形式となっています。Part2、3は実践編です。現場で撮影方法を実際にお見せしつつ、解説しています。
トータルの時間は決まっていませんが約40分前後です。
 

講師のアドバイス映像

毎月行われるミーティングの参考にご覧ください。
尚、こちらはYoutubeの公開イベントとして行われたもので、塾内で実際に行われるものとは異なります。実際は受講生と双方向での対話を大切にしています。

講義内容に関わらず、コンテストに挑戦される場合や、写真展を開く場合など、作品発表される場合には、ご要望いただければ特別にアドバイスいたします。

大野朋美が主宰する「おさんぽフォトクラブ」の年会費が割引になります。また各種講座や、写真塾を来年度も継続される場合も全て会員特別価格でご案内します。

写真の世界により広がりと深みを増していくヒントが満載!年3回「大野朋美写真通信」をお届けします。A3サイズという大きな紙面に講師の作品やエッセイ、お勧めの撮影地を掲載しています。

 

写真表現コース

¥ 83,600(¥76,000+税) 分割可/4回払い

受講期間2020年9月1日〜2021年8月30日迄

全12カリキュラム

月1回のフォトレビュー(オンラインミーティング)枚数指定ナシ

非公開オンライングループに入会(Facebookを使用)

グループ内での質問 常時受付 

申込み締切り 2021年8月24日

定員20名

Q:カメラの使い方は完璧に知っていないと受講できませんか?

実際のカメラの操作方法で、基本的なことは講義の中で教えていません。それは例えば、撮影モードダイヤルのM(マニュアル)の意味、露出補正の方法や、ホワイトバランスの設定方法といったことです。そういった知識は既に持っている、背景をぼかす方法などの基本的な撮り方も知っている方であれば大丈夫です。

Q:Facebookはやったことがないのですが・・

受講前にあらかじめご自身で開始されておくことをお勧めしますが、分からない方にはFacebookを始める方法をご説明します。

グループは非公開なので、会員以外の方に見られることはございません。

Q:動画はダウンロードできますか?

すみませんがダウンロードには対応しておりません。ただ期間中はスマホやパソコンからアクセスすればいつでも何度でもご覧いただけます。

Q:毎月のオンラインミーティングに参加しなければいけないのですか?

ご予定があるなどして参加できない場合も、ミーティングは録画して、ご覧いただけるようにします。また顔出し、声のみ、視聴のみの参加も可能です。

Q:みんなの写真塾で、ここに入ってない動画はありますか

1〜12回までのほとんどはYoutubeで公開していますので、Youtubeからいつでもどなたでもご覧いただけます。

13回〜36回まではフォトマスターコース、また49〜60回まではRAW現像が学べるコースとなります。

Q:みんなの写真塾で、ここに入ってない動画はありますか

1〜12話までのほとんどはYoutubeで公開していますので、Youtubeからご覧ください。

13〜36話まではフォトマスターコース。49〜60話まではRAW現像コースとなっています。

Q:他のコースと掛け持ち受講できますか

可能です。ただフォトマスターコースは初心者向になります。

 
 
 
 

  

倉重聡さん

一眼レフ講座、数あれど…。 CP+講師。YouTubeをみて、思い切って応募してみました。 間違いありませんでした。 明るい写真、静かな写真、いろんな写真がありますが、そのイメージに応えるために、 自分はいくつ引き出しを持っていたのだろう…。 振り返れば、この講座を受講する前の私は、そんなことも知らずに、 ただやみくもにシャッターを押していただけだったなと思います。 「こういう場合は、こうします。」「こういう場合は、こう撮ります…。」 更には「これで撮れています。」「これを撮るのだったら、そういうイメージを求めるのだったら、 もっと、こうします。もしくは、こうするのはいかがですか…。」 けっして押し付けでない、適切な、プロとしての写真技術のアドバイスを、 ここまで明快に回答していただける先生は、まずいないと思います。 多種多様な現代市場のニーズに、最前線で応えている現役プロだからこそ、なせる業かと思いました。 楽しく、かつ、きちんと自分自身が成長できる、とても貴重で有意義な時間を過ごさせていただきました。 最近では、私のつたない写真に、いいねと言ってくれる人が増えてきました。 こちらの講座に寄せていただいていなければ、そんなこともなかったと思います。 これは財産です。有難うございます。 そしてなによりも、楽しく学べるのがいいですね。 さらにもう一年、磨きをかけるべく、引き続き学んでゆきたいと思います。 今後とも宜しくお願いいたします

 

大藪宏明さん

もっと写真を上手く撮りたい!そんな気持ちで「みんなの写真塾」に参加しています。

自分が撮った写真について先生から直接アドバイスをもらえ、さらには他の塾生の方々の写真やアドバイスを見ることができるので、とても参考になります。
また、毎月課題を与えてくれますので、写真の撮り方や表現方法の引き出しも増えました。
なんでも上達するには良い師匠が必要ですが、「みんなの写真塾」や塾生の方々は良き師匠です。
 

西口直克さん

 

2016年9月に入塾してから10ヶ月が過ぎようとしています。私は以前から写真を撮ることが好きで、フィルムカメラを使用していましたが仕事が多忙のため長い間中断していました。

すでに数年前に定年退職していますが現在も仕事は継続しているものの時間に余裕ができたこともあり再びこの趣味が復活し、ミラーレス一眼を購入して撮りはじめました。
当初は自分の好きなように撮っていましたが、SNS等に投稿されている様々な写真を見るうちにインターネット上で公開されている写真撮影のポイントや書籍を参考にしながら徐々に写真にはまっていきました。
その中で大野先生が主宰される「写真散歩」をはじめ様々なサイトに投稿するようになり、いくつかはシェアされるようになってきましたが、自分が撮っている写真に対して「何を表現しようとしているのか」、「どのようにしたらそれを写真を通して伝えられるようになるのか」等を考えるようになってきました。
 
そのような折、大野先生による「写真基礎講座」が京都で開催されることとなり、約3時間の講座を受講し基礎的なことからもう一度学ぶことができました。
またその際に「みんなの写真塾」が開講されることを知り早速入塾することとしました。
他にも写真教室はたくさんありますが、グループ学習や撮影会に参加するものなどはなかなかスケジュールが合わないこともあって敬遠してきました。
「みんなの写真塾」はインターネットを使用したものであることから自分のペースで自分がとれる時間を利用して学習することができます。但し自分でしっかりと学習する意図を持たないと意味のないものになってしまう懸念もあるためこの点は注意を要します。
 
この「みんなの写真塾」は毎月異なる課題と関連する3つの動画(うち1つは塾生限定 ※現在2つが塾生限定)を使用します。
どうしても通常写真を撮る際には自分の興味があるもの、撮りたいものばかりを撮ってしまうことが多くなってしまい、大体同じ傾向のものばかりになってしまいがちになりますが、毎回課題が提示されることによってこれに則した写真を撮ろうとしますので自ずと様々なテーマに視点を持っていくことができるので偏ることがありません。
また課題によっては自分がこれまで撮ったことがないもの、興味が薄かったものがありますが、この課題に則したものを撮ることによって逆に他のテーマに対しても活用できると思われるものがありますので敬遠することなく提出するようにしています。
 
毎月の課題に対してそれぞれの方が提出された写真を見たり、それらに対する先生のコメントを参照することにより自分の写真ばかりでなく広く学習することができます。
また遡って過去の課題に対するコメントも参照できますので、今一度立ち返って復習することも可能です。
先生のコメントについても「これはこうだ」と決めつけるものではなく受講者が自分で考えることができるように提示されるので次につながっていくものであると思います。
月を経ることで自分の得手としているもの、不足しているものが自ずと見えてきますので、今後の自分の学習のポイントや撮影時の留意点が見えてきます。(といってもいざ撮るとなるとつい忘れてしまい同じようなものを撮ってしまうのですが・・・。これこそ今後の課題でしょう(笑)。)
 
このように通信講座である性格上、受講者の姿勢によって活用の仕方は変わってきますし、個人の感性は様々ですから自分でこれらの機会を活用して学習していきたいと思います。
 

溝口弘子さん

 
毎月のテーマに沿ったビデオの内容も分かりやすく、そのテーマを自分がどう撮るか考えるだけでも勉強になります。

また、講評においても、今更聞けない事や自分が悩んでいることに丁寧に具体的に答えてくださるので「じゃあ次回はここを意識して撮ってみよう」と楽しく学ばせていただいています。地方に住んでいるので、機会があれば大野先生の撮影会にも参加したいですし、今後もご指導いただきたいと思います。
 
 

小川清さん

 
写真のいろいろなジャンルの写真が撮れる様になりたい。 そんな気持ちで「みんなの写真塾」に参加しています。 自分が撮った写真について先生から直接アドバイスをもらえ、自分の不得意な分野の写真やアドバイスを見ることが出来るので、とても参考になります。 また、毎月課題がありますので、写真の撮り方や表現方法を覚える事が出来て、写真の幅が広くなり写真を撮る事が楽しくなりました。

 
 

野村里嘉さん

 

 
入塾のきっかけは、先生の講座を受講したことです。ずっと同じ写真(犬)ばかり撮っていて、でも何か違う。私の写真は面白くないと思っていました。でも何がどう面白くないのかがわからない。そんなときに講座を通して、大野先生と出会い、先生の言葉や声がすっと私の中に入って来たんです。これは独学じゃダメだ。習いたい!と思った先に『みんなの写真塾』がありました。オンラインで家にいても出来る、毎月のテーマに沿って写真を撮る。これはとても魅力的です。いくら犬が撮りたくても、基本を知らないことには生き生きとした犬は撮れません。毎月のテーマはそこを少しずつ補ってくれます。それにテーマに沿って撮っているうちに、このテーマが好きだ!と気づかされることもあります。他の塾生の方の作品を拝見したり、写真の話を聞けるのもとても勉強になります。先生のアドバイスは毎月ドキドキしています。苦手とするところを気づかせて貰ったり、もっとこうすれば良くなると具体的に教えていただけます。そしてたまに褒められると小躍りするほど嬉しいのです。『みんなの写真塾』と出会って、私は前よりもっと写真が好きになりました。