秀 作

〜みんなの写真塾会員の作品〜
その月の課題写真の中から一枚を選んでいます。

 
課題「動きの表現」
 

 

大藪宏明さん

講評:舞い上がる飛沫も止まるシャッタースピードの設定値が適切です。さらに構図の上手さで、躍動感が表現出来ています。


課題「マクロ撮影」
 

 
 

菅玲子さん

講評:ピントがシベにきちんと合って、周囲の白い花びらがふわっとぼけています。ピントが合った部分が際立っていますね。構図もいいです。


課題「ボケ」
 

 

西澤圭織さん

講評:背景のボケがちょうどよく、主役の鹿が浮き立ち、森の空気感もよく表れています。構図もいいですね。


課題「モノクロ写真」

 

 

溝口弘子さ

講評:ネコが顔を出して、こっちをうかがっている様子、ネコの気持ちが伝わる距離感です。モノクロにしているので、このサイズでも主役がちゃんと際立ちます。


 

課題「長時間露光」

 

 

加藤広志さん

講評:長時間露光で少しぶらすことによって、波の揺らぎが美しく表現されています。
 


 

 課題「主題を明確にする」

 

大藪宏明さん

講評:いちめん鮮やかな紅葉の世界ですが、手前の切り株が、存在感もあり、しっかり主役となっている一枚です。
 


 

課題「ハイキー又はローキー写真」

 

溝口弘子さん

講評:ローキー写真ですね。薄暗がりを上手く表現できています。まだ開いている店をのぞいている人たちもいいですね。


 

課題「広角レンズの特性を活かす」

 

西口直克さん

講評:広角レンズの特性を利用し、見せたいものがはっきりしていますし、背景も写し込むことによって、その場の空気も伝わります。